メインイメージ画像

不動産を購入するなら不動産における消費税についての知識を得ましょう

税金はあらゆるものに発生しますが、不動産は、消費税と大きな関わりがあります。その税金は、住居の購入に密接に関わってくるからです。人々が普段のショッピングで何かを買う際には、間違いなくと言って良いほど消費税が発生します。現状のルールでは、200円の物品を購入した時には税金が16円発生する事になります。またその税率は、情勢によって変化していきます。それはいつものショッピングだけでなく、不動産物件の売買も同様です。

例えば5000万円の物件を購入した場合には、400万円の消費税が発生する事になります。

もっと言うとその税金は、いわゆる賃貸物件に対しても関わってくる事があります。といいますのも賃貸物件の中には、住宅ではないものがあるのです。駐車場やオフィス物件などでも賃貸での不動産物件の1つですが、年間賃料の合計が一定以上を超えると消費税が発生する事になります。つまり販売されている物件だけでなく、賃貸の不動産物件も消費税の対象になる訳です。ただし住宅の賃貸物件だと、その税金はなんとかからないのです。

あくまでもオフィスや店舗にしている物件で、ある程度高めな賃料の物件のみ税金が発生する事になります。

そして人によっては、消費税がしんどいと思っている事もあります。上記のような400万円の事例ですと、それは軽視ができない金額だと思っている方も多いのです。それに消費税が、状況によって変わる可能性もあります。現在のルールでは8パーセントになっていますが、状況によってはこれから10パーセントになる可能性もあるのです。

なのでそのパーセントが変化する前は、販売数が上昇する場合もあるのです。

なぜならば10パーセントになると、400万ではなく500万になってしまうからです。差額の100万、それを節約したいと考えている方々もたくさんいます。そういったことで消費税の率がアップする少し前のタイミングでは、物件を契約する数が多くなる傾向があります。アップする前にそれを買っておけば、節税などにつながる事が多いからです。俗に駆け込み需要と表現される事があります。